子宮腺筋症が初期で症状の軽い段階での治療法としては、次のようなものがあります。

生活習慣の改善(経過観察)

症状が軽い場合は経過観察をします。まずは生活習慣を改善することを目指します。例えば、食生活に気を付ける、身体を冷やさないようにする、適度な運動を行う、タバコを吸わないなどです。

月経痛が酷い場合は痛み止めを処方して様子を見ます。

対処療法

対処療法となりますが、薬物療法として次のような薬剤が使われています。

  • NSAIDs(非ステロイド性抗炎症)・・・鎮痛、抗炎
  • 鎮痙剤・・・けいれん性の痛みの場合
  • 鉄剤・・・鉄欠乏性貧血の場合など
  • 止血剤(トラネキサム酸など)
  • 漢方薬(桂枝茯苓丸、当帰芍薬散など)

ホルモン療法

妊娠中または更年期を過ぎた状態になると、子宮腺筋症の症状の進行が止まったり軽くなったりすることが分かっています。

そこで、薬剤(GnRH薬、ダナゾールなど)を使って体を閉経の状態に近づけて女性ホルモンを下げ、子宮腺筋症の縮小を狙う治療法があります。「偽閉経療法」とも呼ばれます。

経口避妊薬(低用量ピルなど)を服用して、身体を妊娠したような状態にする治療法もあります。「偽妊娠療法」とも呼ばれます。

ホルモン療法も痛みを軽減するためには有効ですが、長期間使用することはできません副作用も少なくありません。治療の中止により症状は再燃します。

根治療法は子宮全摘術

以上のような治療法は根本的な治療ではありません。
根治療法としては、子宮をすべて摘出する手術(子宮全摘術)を行うことになります。場合によっては子宮温存手術を採用することもあります。