子宮腺筋症とは、子宮内膜が子宮の筋肉にまで入り込んで、子宮が膨れ上がってしまう病気です。

子宮内膜は子宮の内側を覆っている膜なのですが、それが何らかの原因によって、子宮の筋肉にばらまかれたような状態となり、筋肉の毛細血管が腫れて、子宮が大きくなるのです。

この子宮腺筋症と似た症状に、子宮筋腫があります。どちらも子宮が肥大化する病気ですが、両者の違いは腫瘍のできかたです。

子宮筋腫は、子宮の中に良性の腫瘍ができている症状を言います。腫瘍が大きくなると子宮も肥大化していきますが、正常な部分と腫瘍の部分は見分けが付きます

子宮腺筋症は子宮の筋肉にばらまかれたような病状ですので、正常な部分とはっきりと分かれていません

子宮腺筋症と子宮筋腫とは、このような違いがありますが、エコー、MRI、CTなどの画像検査で区別が可能になっています。