子宮内膜症手術の後遺症または副作用というと、よく言われるのは不妊でしょう。

子宮内膜症手術後に不妊になってしまったというケースが多く挙げられています。手術によって女性ホルモンのバランスが乱れてしまうケースや、精神的ストレスによって不妊になってしまうケースもあるようです。

卵巣や子宮などを全摘出した場合には、更年期障害と同様の症状が出やすくなります。

子宮内膜症などで子宮の全摘出手術を行うと、自然に迎えるはずの閉経を強制的に迎えさせることになってしまいます。この急な閉経という体の変化に付いていくことができず、体のだるさ尿漏れといった症状が表れることがあります。