子宮内膜症の完治は非常に困難だと考えられます。

子宮内膜症の症状は個人差が大きく、その治療方法は患者毎に適しているものを探して行います。改善してきたと思っても、再び悪化することがあります。手術をしても再発することもあります。

なぜ完治が難しいかというと、女性には月経という生理現象があるからです。

子宮内膜症の原因は明確ではありませんが、女性ホルモンの影響があることは間違いありません。女性ホルモンの分泌が正常な期間は月経があります。月経は閉経するまで続きますので、その間は常に子宮内膜症のリスクがあります。

ただし、出産を経験すると子宮内膜症のリスクが減ります。子宮内膜症の発症を防ぐためにも、早めに出産をするということも一つの方法かもしれません。

症状が酷い場合は手術の必要性が高まりますが、卵巣や子宮を全摘出する根治手術をすると、当然妊娠できない体になります。そうならないためにも、早期発見、早期治療が大切になります。

一度子宮内膜症になったことがある場合は、なりやすい体質の可能性がありますので、再発を防ぐためにも定期的に受診するようにしましょう。

完治させることはできませんが、薬を使用することで再発を予防することは可能です。