子宮内膜症とは、子宮内膜に似た細胞が子宮以外に作られてしまう、女性特有の病気です。20代から30代の女性に多く発生する病気ですが、早ければ10代後半から発生する可能性があります。

月経が来ると子宮口から血液が排出されますが、その血液が逆流する場合があります。逆流した血液の中には子宮内膜という細胞が含まれており、これが逆流時に子宮以外の場所で留まってしまうと、子宮内膜と同じような組織を形成してしまいます。これが子宮内膜症の一例です。

症状が初期の場合は、それほど痛みを感じないでしょう。生理痛と変わらない程度の痛みですので、あまり気にしない人が多いかもしれません。

子宮内膜症が進行すると、次のような症状が現われるようになります。

  • ひどい月経痛
  • 月経量が多い
  • 月経時以外に月経時と同様の腰痛、下腹部痛
  • 尿意を催した際の下腹部痛
  • 性交時の引きつるような痛み
  • 排便時の引きつるような痛み
  • 排卵痛
  • 不妊状態
  • 吐き気

子宮内膜症が悪化すると、月経時に強烈な痛みを伴います。痛み止めが効かないこともあります。子宮内膜症をそのまま放置していると、卵巣ガンを発生させる危険がありますし、不妊の原因にもなります。

月経時の強烈な痛みは子宮内膜症の最も多い症状ですので、このような症状が現れた場合は、すぐに婦人科で検査を受けてください。早期発見、早期治療が大切です。