子宮内膜症の治療に低用量ピル(経口避妊薬)が使われることがあります。ピルには避妊のために使う薬というイメージが強いと思われますが、子宮内膜症にも効果があります。

子宮内膜症の一種は、月経血が排泄されずに、排泄されるはずの子宮内膜などの組織が周囲との癒着を起こしてしまう病気ですので、排卵自体を止めてしまえば症状を改善させることが可能です。

低用量ピルにはホルモン分泌を抑制し、排卵を止める働きがあります。この働きによって、月経時に剥がれ落ちる子宮内膜が増えるのを抑え、子宮内膜症の症状を緩和します。

低用量ピルは通常のピルとは異なり、ホルモン量が少なく、副作用を起こすリスクが低いという特徴があります。また、低用量ピルは年単位の連続使用ができます。ただし、保険の適用はありません。

症状が重い場合は低用量ピルを使用した治療は効果が期待できませんが、軽い場合は使われることが多いです。

低用量ピルの副作用として、吐き気や頭痛、更年期障害と似たイライラ、のぼせ、不眠といった症状が現われることがあります。