子宮筋腫の治療で行われる注射は、「偽閉経療法」または「ホルモン療法」などと呼ばれている治療方法です。

子宮筋腫の原因は明らかになってはいませんが、女性ホルモンが大きく関わっていることだけは判明しています。女性ホルモンが活発な状態の場合に発症が増えたり、筋腫の成長率が高かったりすることも知られています。

そこで、女性ホルモンの働きを抑えることで、子宮筋腫の肥大化を止めたり、成長を遅らせることを目的とした療法が「ホルモン療法」と呼ばれている注射です。

子宮筋腫は閉経女性の場合は小さくなる傾向があるとされており、注射によって擬似閉経状態にするというわけです。そのため「偽閉経療法」とも呼ばれています。

ただし、注射をしている期間しか効果がありませんし、長期にわたる注射は副作用の恐れがあります。例えば次のような副作用です。

  • 骨粗しょう症(骨がもろくなる)
  • 更年期症状(ほてり、のぼせなど)

このような副作用の恐れがあるため、ホルモン療法(偽閉経療法)の薬は半年以上続けては使えません。そのため、この薬は一般的にはあまり使用されません。

ホルモン療法(偽閉経療法)の薬が使用されるのは、主に次のようなケースです。

  • 手術前に筋腫を出来る限り小さくして、手術の際の体の負担を軽くする
  • 手術を前提として、手術までの症状を緩和する
  • 閉経間際の年齢層の方が、閉経まで手術しないでいたい