子宮筋腫の薬による治療は、子宮筋腫を消すものでは無く、症状の重い人に用いる一時的な対症療法だと言えます。子宮筋腫そのものを治すことはできませんので、ご注意ください。

また、薬の効き方には個人差があります。子宮筋腫の薬も同様です。子宮筋腫の改善に使われる漢方がありますが、効果に個人差があることは他の薬と変わりません。

つまり、漢方を使っても、子宮筋腫が絶対に改善するというわけではないのです。個人差があるということは、症状が改善している人もいるということです。ですので、医師と相談の上で漢方を試す価値はあると思います。

漢方を使用するメリットは、通常の薬よりも副作用の心配が少ないということでしょう。そのため、漢方を用いて子宮筋腫の治療を行っている人は少なくありません。

ただし、一般的に漢方は即効性が低いものですので、長期間服用し続けませんと効果は実感できないでしょう。根気強く飲み続けることが必要になります。

子宮筋腫の治療に使われる漢方は、血流の停滞(腫れ、うっ血)を改善するものが中心です。例えば次のような漢方です。

  • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
  • 桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
  • 通導散(ツウドウサン)
  • 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ)
  • 加味逍遙散(カミショウヨウサン)
  • きゅう帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)
  • 芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)

この中でも、桂枝茯苓丸は代表的なものになります。

桂枝茯苓丸

桂枝茯苓丸には、血行を良くすることで、子宮の炎症を鎮めます。また、ホルモンバランスを整える効果も期待できます。

その他、桂枝茯苓丸の効能には次のような症状の改善が挙げられます。

  • 子宮内膜症
  • 冷え症
  • 月経痛(生理痛)
  • 月経不順(生理不順)
  • 更年期障害(のぼせ、頭痛、めまい、肩こりなど)
  • ニキビ
  • シミ
  • しもやけ
  • 打撲