子宮筋腫の治療法は、一般的にその状態によって、薬物療法と手術療法の2つに大別されます。

薬物療法

過多月経や月経痛の症状がひどいが手術をするほどではないと診断された場合には、薬物療法を勧められることが多いでしょう。

治療薬を飲み続けることによって、女性ホルモンの分泌が少なくなって、出血量が減り、月経が止まり、症状が改善していきます。

ただし、薬の投与を止めてしまうと元の状態に戻ってしまうので、根本的な治療にはなりません。また、完全に筋腫を無くすことはできません

手術療法

子宮筋腫の症状があまりにもひどく、筋腫が大きくなっている場合は、手術が必要です。

手術療法には、子宮全体を摘出する方法と摘出しない方法があります。子宮を全て摘出してしまうことで子宮筋腫に悩まされることはなくなりますが、妊娠ができなくなります。

今後妊娠を望んでいる場合は、子宮を摘出せずに筋腫だけを除去する手術(筋腫核出術など)が可能です。ただし、この手術の場合、手術中の出血が多くなったり、筋腫が再発する可能性があります。