子宮筋腫の診断方法としては、次のような検査が行われます。どのような検査をするのかは、受診する病院や担当医によって異なりますので、これら以外の検査を勧められることもありえます。

  • 超音波検査・・・機械を入れて子宮や卵巣を写す
  • 画像検査(MRI, CT)・・・手術の前準備などの場合
  • 子宮鏡検査・・・粘膜下筋腫などの可能性がある場合
  • 心電図検査・・・貧血がひどい場合など
  • 腫瘍マーカー検査(採血)・・・子宮内膜症の検査も同時に行う
  • 子宮卵管造影検査
  • 子宮癌検査

月経痛や貧血が今までよりもひどくなってきた場合は、子宮筋腫の可能性があるかもしれません。

子宮筋腫を放置しておくと、次第に大きくなってしまい、症状を悪化させる恐れがあります。早めの検査、治療が大切になります。