子宮筋腫の手術には、開腹手術以外にも、開腹しないで筋腫を切除する方法もあり、新しい手術方法が考え出されています。

主な子宮筋腫の手術療法は次のとおりです。

子宮全摘手術

開腹手術で、子宮を温存せずに全て摘出する手術
子宮を全摘してしまった場合には、当然その後の妊娠は望めません。しかし、子宮を残さないため、子宮がんのリスクや子宮筋腫の再発リスクは無くなります

子宮筋腫核出手術

子宮は残した上で、筋腫のみを切除する手術。
今後の妊娠を望む方は、この手術を選ぶことになるでしょう。

筋腫が大きい場合や数が複数ある場合は開腹手術となるでしょう。
あまり大きくない場合は、腹腔鏡を使った手術(腹腔鏡補助下手術)が可能なこともあります。子宮口に近い筋腫のケースならば、膣から腹腔鏡を挿入した手術も可能です。