子宮筋腫に悪性と良性があるというのは、何かの思い違い、誤りです。

そもそも子宮筋腫とは良性の腫瘍(こぶ)のことです。悪性の腫瘍は「子宮肉腫」と呼ばれています。

できている腫瘍が、良性腫瘍である子宮筋腫なのか、悪性腫瘍である子宮肉腫なのかは、精密検査をしなければ断定できません。

一般的には、病理診断(体から採取した組織を顕微鏡で観察、診断すること)で違いを判断します。しかし、この病理診断では判断が難しいケースもあります。そのような場合には、CTやMRIを使った検査や、がんの腫瘍マーカー検査を行うこともあります。大きな病院での検査が必要になるでしょう。

ところで、病院では少し前までは、悪性である子宮肉腫の場合、本人に隠して別の病気の名前を告げるケースが多かったようです。そのため、本当は子宮肉腫であるのを、本人には子宮筋腫と伝えて手術をするといったことはあったと思われます。

子宮筋腫に良性と悪性とがあるという噂(?)は、こんな所から出ていたのかもしれません。