チョコレート嚢胞(またはチョコレート嚢腫)(のうほう、のうしゅ)という病気をご存知でしょうか?

チョコレート嚢胞とは子宮内膜症の一種です。卵巣に子宮内膜症が発生し、そのために生理の度に出血するようになり、その血液が卵巣内に溜まった状態のことです。女性特有の病気の一つです。

この状態が溶けた褐色のチョコレートのように見えることから「チョコレート嚢胞」と呼ばれています。

子宮内膜症とは、子宮内膜が本来できるはずのない子宮の内側以外の場所にもできてしまう病気です。「子宮の内側以外の場所」ですので、体の様々な場所で起こる可能性があるのです。

多くの場合は子宮周囲に起こります。卵管、卵巣といった部位です。骨盤内にできてしまう場合もあります。まれに肺にできる可能性もあります。

子宮内膜症だと気付かずに生活をしている人は少なくありません。症状が悪化すると、月経痛、性交痛、下腹部痛、腰痛、不妊などを引き起こすようになります。