チョコレート嚢胞(のう胞)(チョコレート嚢腫(のう腫))は卵巣の中にできる子宮内膜症の一種ですが、発症する原因は、まだはっきりと分かっていません

ただし、次のようなことが関係しているのではないかと考えられています。

ストレス

過度なストレスによって交感神経が乱れ、それが原因で女性ホルモンのバランスが崩れ、チョコレートのう胞が発症しやすくなるという説があります。

血行不良

血行不良が発症と関係している可能性があります。血液がドロドロになってしまうと、チョコレートのう胞の発症の可能性が高くなるとも言われています。

生活習慣の乱れ

偏った食生活、喫煙、睡眠不足などといった生活習慣の乱れも、チョコレート嚢胞の原因だと考えられています。

出産適齢期の高齢化

出産適齢期が高齢化していることも原因と言われています。そのような方は産婦人科を受診する機会がほとんど無いため、嚢腫の発見が遅れてしまうということです。