チョコレート嚢胞(のうほう。嚢腫のうしゅとも言う)をそのまま放置しておくと、不妊症の原因になる場合があります。検査で見つかった時は早めに治療を行う必要があります。

チョコレート嚢胞は、卵巣の中に子宮内膜症が発症し、その内膜の出血によって血液が溜まってできたチョコレート色の嚢胞のことです。

これをそのままにしてしまうと、卵巣がどんどん腫れてしまい、卵管の機能障害、卵管閉鎖、着床障害などになる可能性が高くなります。排卵障害になってしまうと、子宮外妊娠卵管不妊となってしまいます。

また、症状が悪化すると「茎捻転」という、嚢胞がねじれた状態になってしまうこともあります。茎捻転になると卵巣が壊死してしまう可能性が高く、そうなると妊娠は困難になってしまいます。

月経時以外でも腰や下腹部が痛んだり、生理の症状が重くなったり、性交痛を感じるようになった場合には、早めに病院を受診することをおすすめします。

チョコレート嚢胞は気付きにくい病気ですが、初期の段階で発見することができれば、症状を最小限に抑えることができ、不妊にならずに済むかもしれません。