子宮腺筋症とは、通常は子宮内にあるはずの子宮内膜が子宮の筋肉の中に入り込み、子宮が大きくなってしまう病気です。
主に30代後半から50代前半の女性に多く見られる病気ですが、20代で発症する人も増えています。

子宮腺筋症は、強い腹痛を引き起こすのが特徴で、それ以外にも激しい月経痛月経過多不正出血性交痛腰痛など様々な症状が表れます。
また、不妊症の原因にもなります。

非常に治りにくい病気で、放置しておくと悪化していきます。
治療しても再発しやすい病気です。

子宮内膜というのは、生理の時に血液と一緒に剥がれ落ちます。
しかし、子宮内膜が子宮の筋肉に入り込んでしまっている場合、その入り込んだ子宮内膜からも生理の時に出血してしまいます。
このことが病気の原因になると考えられています。

子宮腺筋症の検査には、超音波(エコー)検査とMRI(磁気共鳴画像法)が用いられます。

対処として、月経痛が強い場合は痛み止めの薬が処方されます。
症状がひどい場合は薬物治療、または手術することもあります。

悪化しないように、手術をしなくてすむためにも、出来るだけ早めの受診、診断、治療が大切になります。