子宮内膜増殖症というのは、子宮内膜(子宮の内側を被っている粘膜)が過剰に増殖することにより異常に厚くなり、様々な症状を引き起こしてしまう病気です。

ある特定の子宮内膜増殖症の場合は、子宮体がんに進行する可能性があり、その確率は数パーセント程度です。

子宮内膜増殖症は内膜の細胞(上皮細胞)に異型が認められない状態です。
異型が認められる場合は「子宮内膜異型増殖症」と呼ばれます。

子宮内膜異型増殖症も子宮体がんに進行する可能性があり、がんになる確率は3割前後と、可能性が高くなっています。
また、他の部位のがんと併発している場合も少なくありません。

子宮内膜増殖症の主な症状は、過多月経(月経時の大量出血)、貧血、動悸、倦怠感、不正性器出血などです。

原因として考えられることは、卵胞ホルモン(エストロゲン)の異常分泌、卵巣機能の低下や不全、肥満、高血圧などです。

症状の軽い場合は自然治癒することもあります。
症状が進行している場合はホルモン療法、子宮摘出手術などが行われます。