子宮の病気のせいで眠気が酷くなる可能性はあります。
多くの場合、貧血状態から生じる眠気です。

子宮の病気の中に子宮筋腫や子宮腺筋症がありますが、その症状として過多月経不正出血があります。
女性の中には通常の月経による出血によって貧血になる人も少なくありません。
ですので、過多月経や不正出血により血液が大量に体外に出て行ってしまうと、貧血状態になる可能性は高くなります。

貧血状態になると、非常に疲れを感じやすくなったり、動悸やめまいを起こしたり、眠気を感じやすくなったりします。

貧血対策として、鉄分を多く含む食品を食べるようにしたり、病院で鉄剤を処方してもらうなどの対処が必要となります。

血液検査で貧血状態になっているかどうかを確認できますので、もしも日中の眠気が酷い場合には、一度病院を受診することをおすすめします。

ヘム鉄 サプリ 関連商品