子宮の病気が原因で太ることは、一般的には考えられません。
反対に、太ったことで子宮の病気が悪化する可能性はあります

例えば、子宮筋腫の場合、太ったことで子宮筋腫が大きくなってしまうことはあります。
子宮筋腫になったことが原因となって太ってしまうわけではありません。

子宮に腫瘍ができる原因ははっきりと解明されていませんが、エストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが関係していると考えられています。

エストロゲンは月経や排卵をコントロールしています。
エストロゲンは主に卵巣にある卵胞で作られています。
このエストロゲンは、食生活や環境ホルモンの影響で過剰に分泌されることがあります。
すると、脂肪細胞が活性化され、太る原因となります。

したがって、子宮の病気を予防するためにも、30歳を過ぎたら太り過ぎに注意することが重要となってきます。