女性は生理になると、体の冷えを普段よりも強く感じることが多いでしょう。特に元々貧血気味の方や低体温の方は、冷えの症状が現れやすくなってしまうようです。

薄着をしていたり、冷房の効いた部屋にいたりすると、体が冷えて血行が悪くなります。同様に、生理中も血行が悪くなるため、冷えやすくなります。

体が冷え、血行が悪くなると、子宮の働きが悪くなってしまいます。すると子宮は月経血などを排出しようと過剰に収縮を行うようになりますので、下腹部や腰の痛みが強くなってしまうのです。

辛い生理痛の原因が、何らかの病気ではなく、冷えであるならば、その冷えを改善していきましょう。つまり、体を温める工夫をして、生理痛を改善していきましょう。例えば、次のような点に気を付けてみてください。

  • 冷暖房の効きすぎている部屋に長時間いないようにする
  • 暑くても冷たいものばかり飲むのを止める
  • 保温性の良い服を着る、ミニスカートを履かない
  • 冬はお腹や腰に使い捨てカイロを当てる
  • お風呂は湯船に漬かる
  • ストレッチ、マッサージをする
  • 栄養バランスが良い食事を規則正しく摂る