ピルとは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を含有する薬です。ピルは経口避妊薬ですが、避妊できるだけでなく、生理痛を緩和することもできます。

ピルを周期的に服用すると、卵巣や子宮の活動が低下し、排卵が抑制されることによって避妊することができます。正しく服用すれば、ほぼ100パーセントの確率で避妊することができます。

避妊薬であるピルを、避妊以外の効果を目的として使われることがあります。例えば、次のような効果です。

  • 生理痛の緩和
  • 月経不順(生理不順)の改善
  • ホルモンバランスの変化によるニキビやむくみの改善
  • 卵巣のう腫や子宮外妊娠の予防
  • 子宮内膜症の症状の軽減

ピルを、避妊目的ではなく生理痛緩和のために飲んでいる方は多くなっています。生理痛があまりに酷く、日常生活に支障が出たり、仕事に行けないという方には、ピルによる治療も選択枝の一つとなるでしょう。

ただし、効果に個人差がありますし、治療中は自然な生理がなくなります。婦人科の医師とよく相談の上、ピルを服用するかどうかを決めてください。なお、ピルの処方には保険がききません。