病気

急に生理痛がひどくなったという場合、原因として第一に考えられるのは病気です。
これは「器質的疾患」、「器質性月経痛」と呼ぶことがあります。

器質的とは、体の組織に明らかな異常が生じているという意味です。
器質性月経痛には、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症などがあります。

非常に辛い痛みがあったり、だんだんと月経量が増えたり、血の塊が出るようになったり、市販薬が効かなかったりという場合は、我慢せずに婦人科を受診することをおすすめします。

子宮口が未熟

出産経験のない若い女性の生理痛がひどい場合は、子宮口が未熟であることも生理痛の原因となります。
これは病気ではありません
明らかな異常が無い、つまり器質性ではないため、「機能性月経痛」と呼ぶことがあります。

子宮口が未熟ですと、子宮頚管が硬く子宮口も狭いため、血液が流れにくくなって痛みが起きてしまいます。
出産すると生理痛が軽くなると言われていますが、この理由は、出産することで子宮口が広がるからです。

子宮の収縮が強い

子宮の収縮が強いことが原因の可能性もあります。
出産時に陣痛を引き起こす物質であるプロスタグランジンという生理活性物質が、生理中にも分泌されて、月経血などを体外へ排出させています。

このプロスタグランジンは子宮を収縮させる作用がありますので、生理痛だけでなく、胃痛、頭痛、肩こりなどの症状を引き起こすこともあります。

体の冷えや運動不足

体の冷えや運動不足によって血行を悪化させてしまい、生理痛がひどくなってしまうこともあります。
体を冷やさない服装を心掛けたり、定期的に軽い運動をするようにすると、生理痛が軽くなることもあります。