女性は生理になると、ほとんどの人が生理痛に悩まされています。この生理痛の原因としては、子宮の病気、子宮の形の未熟、血行不良などがあります。

その他として、心理的な原因、つまり精神的ストレスによっても生理痛が悪化してしまうことがあります。ストレスが原因となっている場合は、体を温めても痛みは改善しません。市販薬が効かないことも多いです。

ストレスが原因であると分かった場合は、ストレスを解消する方法を考えてみましょう。例えば、運動をしたり、音楽を聴いたり、趣味に没頭してみたりといったことです。好きなことをやっているうちに、生理痛が軽くなっていくこともあるかもしれません。

あまりにも生理痛が酷かったり、痛みが長引くという場合には、婦人科を受診して、原因をはっきりさせる必要があります。原因がストレスだった場合には、心療内科で相談してみるのも良いでしょう。