卵管閉塞になると、妊娠できる確率は非常に低くなります。
片方の卵管が通っていれば、自然妊娠できる可能性はありますが、卵管が両側共に塞がってしまうと、自然妊娠は不可能と言ってよいでしょう。

女性側の不妊症の原因として一番多いのは、卵管閉塞または卵管狭窄だといわれています。

卵管は卵子と精子を受精させて、受精卵を子宮に運ぶという、妊娠に非常に重要な場所です。
したがって、卵管に異常があって通過性が悪くなると、不妊につながります

卵管閉塞の原因の多くは、卵管内の炎症だと考えられています。
その炎症の大半は、クラミジアや淋病などの性感染症です。
その他、子宮内膜症、水腫、開腹手術などもありえます。

卵管が炎症を起こして、受精卵や精子の通る卵管が閉塞しているということは、卵子と精子が受精することは難しくなります。
仮に受精できたとしても、子宮内膜に着床できない恐れ、子宮外妊娠の恐れが高くなるでしょう。

卵管閉塞は自覚症状がほとんどありません。
ですので、自分は不妊症ではないかと疑問に思った場合は、婦人科を受診して、卵管などを検査してみてください。
卵管閉塞は治療することで改善できる可能性があります。