卵管閉塞とは

卵管閉塞とは、何らかの原因で卵管が詰まってしまい、卵巣から受け取った卵子が子宮に運ばれない病気です。両側の卵管が閉塞状態になってしまう場合もありますし、片側だけという場合もあります。

卵管の一部だけが狭くなってしまう「卵管狭窄」が悪化すると、卵管閉塞へ進行してしまうこともあります。

両側の卵管が詰まると受精することができません。つまり自然妊娠ができません。不妊症の女性側の原因の約3割は卵管閉塞(または卵管狭窄)だと言われています。

卵管閉塞は、子宮外妊娠の際に卵管を切除すると、この状態になります。

手術以外で卵管閉塞がある場合、その原因は様々です。多くの場合は細菌による炎症、特にクラミジア感染症が原因となっています。

卵管閉塞の症状

ほとんどの場合、これといった自覚症状がありません。排卵前後の腹痛やおりものの異常などの症状が見られるケースもありますが、これだけで卵管閉塞を疑う人はいないでしょう。

クラミジア感染も自覚症状がほとんど無いまま進行してしまいますので、感染を放置することになり、卵管閉塞となってしまうこともあります。

なかなか妊娠しないなどといった不妊に悩んで、不妊治療を受けるために病院を受診して、卵管造影検査を受け、初めて卵管閉塞だと診断されるということがほとんどです。