クラミジアは細菌の一種で、一般的には性感染症の「クラミジア感染症」で有名かもしれません。

クラミジアは、クラミジア感染症の人との性交渉によって、喉の奥、尿道、子宮頸管などに感染します。
プールや公衆浴場など、性行為以外の場面で感染することはありません。

クラミジア感染症は、一度完治したとしても免疫ができるわけではなく、何度でも感染します。
また、クラミジアは感染力が非常に強いため、性交渉1回だけでも感染する確率は高いです。

クラミジア感染症の症状ですが、男女共にほとんど症状がでません
症状が出ないため、クラミジアが潜在化し、感染を広げてしまう恐れがあります。

男性の場合、尿道から出る膿や排尿時の痛みが生じて感染に気付くことがあります。

女性の場合には、症状があるとすれば、下腹部の痛みやおりものが増えるといった程度です。
不妊検査をしてはじめてクラミジアに感染していたことを知る女性は少なくありません。

女性がクラミジアに感染すると、短期間のうちに感染が上腹部から腹腔内へと広がっていきます。
そして、次のような病気を引き起こす可能性があるのです。

  • 膣と子宮を結ぶ子宮頸管が炎症を起こして、子宮頸管炎
  • 子宮も炎症を起こして、子宮内膜炎
  • 子宮の奥にある卵管が炎症を起こして、卵管炎卵管閉塞卵管周囲癒着などに

このように、クラミジアに感染したことを気付かずにいることで、卵管閉塞になる恐れが高くなってしまうのです。

卵管閉塞、骨盤腹膜炎、卵巣炎などを引き起こすと不妊症の原因に、つまり自然妊娠が困難になってしまいます。