PMS(月経前症候群)の改善に、低用量ピルが使われることがあります。

ピルは避妊薬、つまり女性ホルモンの分泌を低下させて排卵を止める薬です。PMSには排卵も影響する可能性がありますので、ピルを飲むことで症状を抑えられます

低用量ピルを服用することによって、体内のホルモンバランスを整え、PMSの症状を改善することができます。月経量が少なくなって鎮痛剤を飲む量も減るでしょう。貧血が少なくなることもあります。

効果に個人差はありますが、多くの人に効果があるとされています。妊娠を希望していない人であれば、ピルでPMSの辛さを軽減することも検討してみてください。

ただし、ピルには、吐き気、むくみ、だるさといった副作用が現れることがあります。症状の軽重は人によって異なりますが、重い人は生活を支障にきたす可能性もあります。医師とよく相談した上で、ピルを使用してください。