乳がんは、40代から60代にかけての女性に多く発生するがんですが、20代30代の若い女性でも乳がんになってしまう方はいます。

一般的に、がんは年をとるほどそのリスクが高まると言われてますが、乳がんの場合には30代から発症する人が増え始め、40代後半から50代前半が発症率のピークとなっています。

以前は、50代後半から減少傾向にありましたが、数年前から、60代前半から再び乳がんの疾病率が上がる傾向が見られ始めています。
原因は高齢化だけではなく、食生活などの生活習慣の変化も原因の一つなのかも知れません。

(参考)国立がん研究センターがん対策情報センターの統計 http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/index.html