炎症性乳がんという乳がんは、世界的にも珍しい部類のがんです。
日本では40代~50代の女性の罹患率が高く、乳がん全体の1パーセント程度の発生率だと言われています。

炎症性乳がんの大きな特徴として、乳房にまったくしこりを感じないということが挙げられます。
乳房の皮膚が赤く腫れあがるため、炎症(乳腺炎など)や打撲に見なされる恐れがあります。
皮膚は厚ぼったい状態になっていきます。
また、毛穴のへこみが目立つ症状が現れることもあります。

炎症性乳がんは、マンモグラフィーやエコー検査でしこりが映らないことがありますので、皮膚の一部を採取して顕微鏡で調べる検査が必要となります。

炎症性乳がんは非常に進行の早いがんだと言われています。
20年以上前は、乳房切除を行っても100パーセント再発し、5年後生存率が17パーセントだったそうです。
最近は、5年後生存率が50パーセント前後にまで上がっているようです。

炎症性乳がんの治療は、一般的には次のような療法を複合的に行います。

  • 放射線療法
  • 動注化学療法(乳腺の動脈に直に抗がん剤を入れることによってがん細胞を殺す)
  • 手術療法(切除)

術後に化学療法(薬剤を用いてがん細胞を殺す)を行うこともあります。

乳房に不審な腫れがあって気になる場合は、乳腺外科を受診してください