乳がんも他のがんと同様に、他の臓器や骨へ転移(遠隔転移)する可能性があります

乳がんの場合は、がん細胞が非常に小さいうちから乳腺に流れ出して他の臓器へ転移すると考えられています。
そのため、乳がんが発見されたときには、既に他の臓器へ転移していることも少なくありません。

転移したがん細胞を発見するためには、手術後、定期的に検査を受ける必要があります。

転移の治療は、発見することが出来ないような小さながん細胞が体のどこかに転移していると考え、体全体に効果があるように、薬物治療(抗がん剤治療やホルモン療法など)を行うことが一般的です。

乳がんの場合は、他のがんよりも早期発見されるケースが多いため、転移していると仮定されていても初期のうちから対策をとることができます。

薬には様々なものがあり、薬の効果を確かめながら、場合によって薬を変えながら、長期間治療を続けていくことになります。
症状を抑えながら、がんと長く付き合うという考え方です。