乳がんの治療についてですが、治療方法には幾つかあります。
多くの場合、乳がんの進行の程度に合わせ、幾つかの方法を組み合わせて治療を行います。

手術

手術には、乳房全体を切除する方法と、がんを含む乳房の一部のみを切除する方法(乳房温存手術)があります。
また、がん細胞の転移を防ぐために、腋窩(えきか)リンパ節を切除することもあります。

放射線療法

放射線療法は乳房温存手術を行なった患者に行われます。
残した乳房に対して放射線を照射し、あると思われるがん細胞を死滅させます。
通常は5~6週間治療を続けます。
再発予防に有効であると言われています。

化学療法

化学療法とは抗がん剤による薬物療法です。
手術後に、転移の可能性のあるがん細胞を殺して再発を防ぐ方法です。
がんを予め小さくするために、手術前に行われることもあります。
副作用が強いデメリットがあります。

ホルモン療法(内分泌療法)

ホルモン療法は、ホルモン依存性乳がんの患者にのみ行われます
乳がんの増殖を促す女性ホルモン(エストロゲン)が働かないようにする治療法です。
外来治療で、5年間くらい投与することになります。