乳がんになる原因、乳がんを発症しやすい人とはどのような人なのでしょうか。

遺伝

乳がんの発生には遺伝的要因が大きいと言われています。
母や姉妹など家族の中に乳がんに罹ったことのある人がいる場合は、乳がんになってしまう確率が高いと考えられます。

エストロゲン(女性ホルモン)

乳がんの発生には、エストロゲンという女性ホルモンが多く関わっていると考えられています。
エストロゲンが活発に働いていた期間(生理のある期間)が長い女性ほど、乳がんのリスクが高まると言われているのです。
つまり、次のような女性は乳がんになる確率が高いと考えられます。

  • 初潮年齢が平均より早かった(11歳以下)
  • 閉経年齢が平均より遅かった(55歳以上)
  • 出産経験が無い
  • 初産の年齢が30歳以上
  • 経口避妊剤(ピルなど)を長期間使っている
  • 更年期障害の治療としてホルモン補充療法を長期間続けている

妊娠期間中は、女性ホルモンの中の黄体ホルモンは増加しますがエストロゲンは減少しますので、子供をたくさん妊娠、出産した女性は、それだけ乳がんのリスクが減るとされています。