更年期とは閉経前後5年間を指しますので、更年期障害は40代~50代くらいの女性が発症する確率が高いということになります。

しかし、若い人でも更年期障害になる可能性はあります。40歳前に閉経してしまう「早発閉経」の場合です。

これに加えて、20代~30代の若い世代の方が、閉経ではない(卵巣機能は問題ない)にも関わらず更年期症状(更年期障害)に似た症状になる場合があります。
このような更年期障害のことを「若年性更年期障害」と呼ぶことがあります(医学的な呼び方ではありません)。

若年性更年期障害の症状は、通常の更年期障害とほとんど変わりません。
つまり、月経不順になり、女性ホルモンのバランスが乱れることで発症します。

発症する理由として、次のようなことが考えられます。

  • 過度のダイエット(必要な栄養の不足)
  • 生活習慣の乱れ(不規則な生活)
  • 過度のストレス
  • 激しい運動
  • 疲労
  • 喫煙