更年期障害と言えば女性が発症するものと考えられているかもしれませんが、実は男性でも更年期障害が起こることがあります。加齢男性機能低下症候群(LOH症候群)とも呼ばれています。

女性の場合は女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量の減少が原因ですが、男性の場合は男性ホルモン(テストステロン)の減少によって発症します。

男性更年期障害は40歳代から50歳代にかけて発症することが多くなります。症状は女性と同様に様々ですが、主に次のような症状が起こります。

  • 全身の倦怠感(体がだるい、元気がない、疲れが回復しない)
  • 性欲、性感の減退
  • 勃起不全
  • 視力の低下
  • 頭痛
  • ほてり
  • のぼせ
  • 発汗
  • めまい
  • 動悸
  • 耳鳴り
  • しびれ
  • 肩こり
  • 食欲不振
  • 冷え
  • 記憶力の減退
  • 集中力の低下
  • うつ
  • 不安
  • 不眠

男性更年期障害の症状の重さには個人差が大きく、また男性の更年期障害は認知度が低いため、自分が更年期障害だとは気付かないことが多いです。働きざかりの年齢で発症するため、うつ病や仕事による過労などと診断されてしまうこともあります。

男性の更年期障害も、ホルモンの減少だけでなく、生活習慣の乱れストレスなどによって発症のリスクがアップしたり、症状が重くなったりします。女性と比べて精神的症状(抑うつなど)が多い傾向があります。

男性も更年期障害を予防、改善するためには、規則正しい生活習慣を心掛けることが必要です。睡眠不足、栄養バランスの悪い食事、運動不足、過度なストレスなどは、特に注意するようにしましょう。男性ホルモンは生活習慣次第で再び増やせることが分かってきています。

近年、男性更年期障害の専門外来を設ける病院が増えています。適切な治療を受ければ症状が改善することは多いため、自分の症状が気になる場合は、自己判断せずに、病院の受診をおすすめします。