更年期障害の症状には非常に様々なものがあり、その症状の現れ方や程度は個人差があります。
更年期障害を発症しても、風邪や単なる疲れなどと勘違いしてしまうこともよくあります。

症状を大別すると、身体的症状と精神的症状に分けられます。

身体的症状

身体的症状の代表的なものは次のとおりです。

  • のぼせ、ほてり(ホットフラッシュ
  • 動悸、めまい、頭痛
  • むくみ、肩こり、腰痛、手足のしびれ
  • 月経異常、生理不順、閉経
  • 吐き気、嘔吐、食欲不振
  • 喉のつかえ感、胸苦しさ
  • 発汗、多汗
  • 冷え

精神的症状

精神的症状の代表的なものは次のとおりです。

  • イライラ、神経質
  • 強い不安感
  • 不眠
  • 意欲低下、集中力低下
  • うつ状態
  • 性欲減退

不定愁訴?

更年期障害の症状は幾つもの症状が組み合わさって出ることがほとんどですので、不定愁訴(原因不明の不調)と見なされることが多いのです。
例えば、更年期障害と気付かずに内科を受診して、検査で異常が出ない、薬を飲んでも症状が改善しない、といったことです。

症状のが現れ方は人によって大きく異なります。
もしも最近妙に体調がおかしいと感じたり、心の調子が安定しないと感じた場合は、婦人科で相談された方が良いかもしれません。