更年期障害になった場合、一般的に行われている治療法としては次の方法があります。
更年期の症状は多岐に渡りますので、対症療法ということになります。

薬物療法

更年期障害と診断された場合、その症状に合わせた薬物療法で症状を軽減させる方法が一般的です。
減少している女性ホルモン(エストロゲン)を補充したり(女性ホルモン補充療法)、精神安定剤抗うつ剤抗不安剤睡眠薬などを使用します。漢方、サプリメントを使うこともあります。

生活習慣や食生活の改善

更年期障害になると、医師から生活習慣や食生活の改善を勧められることも多いです。症状を改善できる体操やリラックスする方法などを教えてもらえることもあります。
症状を悪化させないためにも、医師のアドバイスには出来る限り従うようにしましょう。

カウンセリング

精神的に不安定になる症状の場合は、薬物治療と並行してカウンセリングによる治療も行われます。
うつ状態に苦しんでいたり、不安な状態が続いていたり、睡眠不足に悩んでいたりするのであれば、薬物療法以外にカウンセリングも受けるようにしましょう。
症状が軽くなることもあります。