更年期障害の主な原因が卵胞ホルモン(エストロゲン)の減少ですので、減ったホルモンを体外から補う治療法が更年期障害の治療に有効です。「ホルモン補充療法」と呼ばれています。

具体的には、卵胞ホルモンを単体で補充する方法と、黄体ホルモン(プロゲステロン)を一緒に投与する方法の2種類があり、持続的(連続的)投与法と間欠的(周期的)投与法といった方法が採られます。

卵胞ホルモン単独では子宮体がんのリスクが高くなるため、子宮のある方には卵胞ホルモンと一緒に黄体ホルモンを投与することで、子宮体がんのリスクを減らします。子宮の無い方には卵胞ホルモンのみの投与が行われます。

ホルモン補充療法による効果が期待できる更年期障害の症状には、冷え、肩こり、頭痛、めまい、息切れ、不眠、ホットフラッシュによる発汗、のぼせ、ほてりなどがあります。コレステロールの上昇、骨粗しょう症、認知症の予防にも効果があると言われています。

ただし、症状や原因によっては効果の見られない場合があります。効果の現れ方には個人差があります。持病や体質によってはホルモン補充療法を受けられない方もいます。

副作用として、乳房の緊満感、お腹の張り、吐き気、不正出血などの症状が現れる可能性があります。

ホルモン補充療法による治療を希望する場合は、婦人科医との相談の上で決めるようにして下さい。