更年期障害になった場合に、漢方薬を使っている方もいますが、症状が改善するかどうかは個人差があります
つまり、必ず治るわけではなく、症状が軽くなる方もいれば、ほとんど効果のない方もいます。

漢方は病院で処方される西洋薬と比べて、副作用が少ないので、今まで処方されていた薬に効果を感じていないのでしたら、試してみても良いでしょう。

ただし、漢方には即効性がありませんので、長く続ける必要があります。効果が実感できるまでに時間がかかりますので、途中で諦めて、使用を止めてしまう方もいます。
しかし、医師から処方された漢方ならば、使い続けることで効果が現われる可能性がありますので、医師を信じて諦めないほうが良いでしょう。

もしも、長期間使っても、更年期症状の改善効果が感じられない場合は、他の漢方薬局などで相談してみるのも良いでしょう。

さて、症状別に代表的な漢方を挙げておきます。

イライラや不安のある場合

加味逍遙散(かみしょうようさん)は更年期障害の他、冷えのぼせ、生理不順などに用いられます。イライラ、不安感、不眠、頭痛、肩こり、めまい、動悸などの多い女性に向いています。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)も気持ちを落ち着ける漢方ですが、ある程度体力のある方に向いています。

冷え性でむくみやすい場合

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は血行を良くして体を温め、貧血症状を改善します。更年期障害の他、生理不順、生理痛、不妊症など、冷え性の女性に向く漢方です。

のぼせ、ほてりのある場合

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)も血行を良くする漢方です。のぼせや足の冷えを改善し、子宮などの炎症を抑えます。