更年期障害が起こる原因は、大別して2つあります。

■ホルモンバランスの乱れ

更年期障害になる主な原因はホルモンバランスの乱れ、エストロゲンという女性ホルモンの急激な減少です。

更年期とは卵巣機能が衰えて停止するまでの時期です。一般的には40代半ばから50代半ば、閉経時期の前後10年くらいの時期です。

卵巣機能が低下するとエストロゲンの分泌量が減少してしまうため、脳が卵巣に「エストロゲンの量を増せ」と命令し、卵胞刺激ホルモンを分泌させます。しかし、卵巣は機能が低下しているため、エストロゲンの分泌が増えることはありません。その結果、エストロゲンと卵胞刺激ホルモンの分泌量のバランスが乱れてしまい、更年期障害と呼ばれる症状が現れます。

■ストレス

過度な精神的ストレスによって更年期障害を引き起こす場合があります。更年期の50歳前後は、夫が定年近くなったり、子供が独立したりなど、生活環境が変化することが多くなりますので、ストレスが溜まりがちになります。このようなストレスが原因で更年期障害になってしまう人もいます。