更年期障害になりやすい人は、次のようなタイプの人と考えられます。

  • 月経周期が不順・・・ホルモンバランスが崩れやすい。
  • 自律神経が乱れている(頭痛、のぼせ、汗をかきやすい、不眠、イライラ、動悸、情緒不安定、めまいなど)・・・ホルモンバランスが崩れやすい。
  • 責任感が強い、真面目、几帳面、完璧主義者・・・ストレスを非常に感じやすく溜めやすいため、更年期障害になるリスクが高い。更年期障害になった場合に症状が重くなる。
  • 生活習慣が悪い、乱れた食生活、睡眠不足、運動不足・・・自律神経が乱れやすく、ホルモンバランスを崩しやすい。

性格を直すのは非常に難しいですが、生活習慣を改善するのは今すぐにでも実行可能です。もしも更年期の症状が気になるのであれば、早速見直してみてはいかがでしょうか。