更年期障害と薄毛には深い関係があります。女性の薄毛や抜け毛は更年期に現れる症状の一つなのです。

更年期になると、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が減少して、相対的に男性ホルモンの割合が多くなります。エストロゲンには毛髪の成長を持続させる作用があります。一方、男性ホルモンには薄毛を促す作用があります。つまり、更年期障害になるとエストロゲンが急激に減少するため、薄毛になりやすくなるのです

更年期障害による薄毛を予防、改善するのに必要なことは、女性ホルモンの減少を抑えることです。

方法の一つとして、イソフラボンという栄養素を摂ることが挙げられます。イソフラボンはエストロゲンと同じような働きを持っています。このイソフラボンは、納豆、豆乳、豆腐といった大豆製品に多く含まれています。大豆製品を食べることで、女性ホルモンの減少をカバーすることが可能です。

また、日頃からウォーキングなどの有酸素運動をしたり、頭皮の血行を良くするマッサージをしたりすることも、薄毛や抜け毛の対策に有効です。

以上のような対策でも改善が難しそうな場合は、病院でホルモン療法をしてもらう方法があります。これは薬で女性ホルモンを補う治療法です。この治療を受けたい場合は婦人科の医師にご相談ください。