更年期障害とうつは関係があります。

更年期障害では精神面の不調が起きる場合があり、これがうつの症状と似ています
更年期の場合、女性ホルモンのエストロゲンが不足することで精神的に不安定になり、うつによく似た症状が生じることがあります。

この症状が悪化してしまうと、本当のうつに進行してしまう恐れがあります。
更年期で、不眠になったり不安感が高まったりする結果、うつに発展することが多いと言われています。
また、仕事や生活面で精神的ストレスが加わることによっても、うつの発症する可能性があります。

気分の落ち込みなど精神面の不調を更年期障害だからだと思っていたら、本当の原因はうつだったというケースもあります。
うつは放置していると悪化してしまいますし、治療が遅れれば遅れるほど改善しにくくなります。

したがって、何でも更年期障害の症状だと思わずに、精神的に辛い、普通では無いと感じた場合は、早めに医師に相談することをおすすめします。