更年期障害の治療で処方される薬は、主に次の2種類です。

ホルモン剤

更年期障害の多くは、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減少することによって発症しますので、それを薬で補うことによって症状の改善を目指します。

ただし、エストロゲンだけを投与し続けていると、子宮体がんの発症率が高くなるというリスクがあります。このリスクを抑えるために、プロゲステロン(黄体ホルモン)も併用投与することが多いです。

向精神薬(抗うつ剤、抗不安剤など)、睡眠導入剤

更年期障害になると、気分の落ち込みや不眠など精神面の不調が起こることもあります。
うつの症状の場合は抗うつ剤を、不安感が強い場合は抗不安剤が処方されます。睡眠障害が発症している場合は睡眠導入剤が処方されます。

その他

更年期障害は人によって症状が異なるため、骨粗しょう症の予防薬など、他の薬が処方される場合もあります。