更年期とは、閉経の前後5年くらいの時期を言います。
閉経の平均年齢は約50歳ですので、平均的には45歳から55歳の時期が更年期となります。

この40代~50代の更年期に発症する症状が更年期障害です。
この年代は閉経前後、つまり女性ホルモンの分泌量が減少する時期です。
このホルモンの変化が自律神経にも関与して、心身の変調をきたします。

ただし、閉経の年齢には個人差が大きいですので、更年期も個人差があります
人によっては、もっと早く更年期障害が現われる場合も、もう少し後に発症する場合もあります。
20代、30代でも更年期障害を発症するケースがありますので、若くても安心できません