自分が更年期障害かどうかのチェック方法についてですが、更年期障害には様々な症状がありますので、一般的だと言われている症状に当てはまる数が多ければ多いほど、更年期障害である可能性が高いと考えられます。

次の症状が更年期で多い症状です。どのくらい自分に当てはまるか、チェックしてみて下さい。
もちろん症状には個人差がありますし、他の病気かもしれません。
症状が辛い場合は医師に相談することをおすすめします。

  • 肩こり、腰痛、筋肉痛、関節痛
  • 手足がしびれる
  • 頭痛、めまい
  • 疲れやすい
  • のぼせ、ほてりを感じる、赤面、汗をかきやすい
  • 不眠、眠りが浅く夜中に何度も目が覚める
  • イライラ、気が短い、不安、神経過敏
  • 肌がかゆい
  • 動悸、息切れ、息苦しい
  • 気分が沈む、無気力、うつの気分
  • 胃もたれ、下痢、便秘、吐き気、食欲不振
  • 膣炎、性交痛
  • 耳鳴り
  • 手足や腰の冷え
  • 生理不順、月経血量の増加、日数が短くなる