「骨盤臓器脱」とは、骨盤にある臓器(子宮、膀胱、直腸など)が次第に下がってきて、病気が進行すると膣から体外に出てしまう病気です。

骨盤臓器脱は「性器脱」とも呼ばれており、更年期以降の女性に多い病気で、現在のところ薬では治せません。

骨盤臓器脱の症状

主な初期症状は・・・

  • 体を動かしたりしたときに、下腹部や膣に違和感がある(何かが降りてきたような感じ)
  • 入浴時に、膣から何か丸いものが触れる

進行すると・・・

  • 股に何かが挟まったような違和感が常にある
  • 尿や便がスムーズに排出できなくなる

かなり重度になると・・・

  • 膣壁が飛び出して下着に擦れて出血する
  • 歩行や日常生活が困難になる

骨盤臓器脱の原因

骨盤臓器脱の大きな原因の一つとして、経膣出産老化が挙げられます。

多産の人、巨大児の出産や難産を経験した人は、特にリスクが高くなります。
また、更年期以降は筋力が弱くなって、骨盤にある臓器を支える力も弱くなり、骨盤の中から膣に下がってきて症状が出てくることがあります。

その他の原因としては、肥満慢性の咳やぜんそく便秘排便時に力むこと日常的に重い荷物を持ち運ぶことなども考えられます。
どれも腹圧がかかりやすいからです。

骨盤臓器脱の治療法

骨盤臓器脱には薬物療法がなく、手術療法のみとなります。

具体的には、膣から子宮を摘出して、緩んだ筋膜や靱帯を補強します(前後膣壁形成術)。
補強には人工素材を用いることもあります(メッシュ手術)。
妊娠を希望する人には、子宮を摘出しない方法も可能です(マンチェスター手術)。

病状が軽度な場合や、事情があって手術を受けられない場合は、膣にリングペッサリーを挿入する対症療法(保存療法)があります。
このペッサリー療法は病気を治すものではありません。