骨盤を矯正する体操のやり方を、いくつかご紹介します。
なお、決して無理をしないように気を付けながら、毎日継続してやるようにするとよいでしょう。

体操1

  1. 床に仰向けに寝て、足の裏を床に付け、両ひざを付けて直角に曲げます。
  2. 腕は体の横に置いておきます。
  3. 上半身は動かさずに、両ひざは離れないように、左右交互にゆっくり倒してください。
  4. 倒したら10秒間そのままの姿勢を保ちます。
  5. これを3分程度続けてください。辛い場合は1~2分でも構いません。

体操2

  1. 床に座り、脚を真っ直ぐ伸ばし、ゆるく開いた状態にしてください。
  2. 右手を指を広げた状態にして床に、腰の後ろに付き、息をゆっくりと吐きながら、右側に体をひねります。
  3. 左手はひざ付近に置いておきます。
  4. 十分にひねって、息を吐き終わったら、息をゆっくり吸いながら、体を元に戻してください。
  5. 左側も右と同様に行ってください。