骨盤が歪んでいると、体の様々な部分に悪影響を及ぼします。
骨盤の歪みで現れる主な症状を、いくつか挙げてみましょう。

生理痛、不妊

骨盤の中には、子宮や卵巣という生理・妊娠・出産に関わる臓器が入っています。
骨盤に歪みがあると、子宮や卵巣、神経、血管が圧迫されるなどによって、生理痛を悪化させたり、不妊の要因となるのです。

腰痛

骨盤は腰椎とつながっていますので、骨盤の歪みによって背骨に負担がかかることがあります。
すると腰にも負担がかかり、体全体のバランスが崩れ、腰痛が起こる可能性があるのです。

冷え性

骨盤が歪んでいると、骨盤に付いている筋肉が過度に緊張して、胃腸の働きが低下することがあります。
胃腸の働きが悪くなると、内臓の血液の流れが滞りがちになり、体の奥が冷え、冷え性につながります。

便秘、下痢

骨盤の一部である腸骨の上部には腸が乗っかっています。
その腸が、骨盤の歪みによって下に落ちてきてしまうと、腸の働きが悪くなってしまう場合があります。
腸の働きが低下すると、便秘や下痢を引き起こすのです。

その他、骨盤の歪みにより、不眠肥満O脚X脚下半身のむくみなどを生じる可能性があります。