骨盤の歪みを治すための矯正やトレーニングをするにあたって、骨盤がどのような仕組みでできているのか知っておくことも大切です。

骨盤は上半身と下半身をつないでいる部分で、左右1対の仙骨、寛骨、尾骨という3つの骨から成り立っています。

仙骨

仙骨は、上部は腰椎と、下部は尾骨と結合している、逆三角形の骨です。
骨盤の中央に位置していて、骨盤の中心的な役割をしていると言えるでしょう。
仙骨の上部は「背骨」ですので、骨盤が歪むと背骨(脊柱)にも歪みが生じ、体全体のバランスを崩してしまう可能性があります

寛骨(かんこつ)

寛骨は、腸骨、恥骨、坐骨の3つの骨をまとめた名称です。
寛骨の下部は下半身の大腿骨ですので、骨盤が歪むと下半身にも悪影響を与えてしまいます
反対に、脚の骨に歪みがあると、骨盤が歪む要因となりかねません。

腸骨

腸骨は、ウエストの辺りに位置している、骨盤最大の骨です。
腸骨には、生殖器や内臓を保護して守っています。
また、血液の約半分が作られている(造血)場所でもあるのです。

恥骨

恥骨は、寛骨の前方の下部、膀胱の下の辺りにあります。
ちなみに、左右の恥骨が付いている所は「恥骨結合」です。

坐骨

坐骨は、座った時にいすに当たるお尻の部分です。
一般的に、女性の座骨は男性に比べると横幅の広い構造になっており、その形のために、男性よりも歪みやすいと言われています。

尾骨

尾骨は脊椎骨の一番下部に位置しており、上部は仙骨と結合しています。
尾骨の数は3~6個と、人によって異なっているというのが、ちょっと不思議です。