骨盤の歪みは、あまり自覚が無いことが多いので、体に何らかの不調が出るまで気付かないことが多いです。

そこで、骨盤が歪んでるかどうかの簡単なチェック方法を、いくつかご紹介します。

チェック方法1

立てかけられる鏡を床に置いて、壁などに立てかけます。
鏡の前に、床に直に座って、脚はまっすぐ伸ばして、足の裏を映してください。

両足のかかとを付けて、つま先を見ます。
少し力を抜くと、かかとを支点として左右につま先が開きますね。

その傾きの角度が、左右対称のきれいなV字になっていれば、骨盤の歪みはないと考えられます。
左右の開きが同じにならず、どちらかが多く開いているのなら、歪みがあるかもしれません。

チェック方法2

薄着になって鏡の前に立ち、左右の肩の高さを比べてみましょう。
肩の高さが左右違う場合、骨盤に歪みがあると考えられます。

チェック方法3

靴の底の減り方を見てください。
左右どちらかの靴だけが減りが早い一部分だけが極端に減る、特に外側が減る場合は、骨盤に歪みがあることが多いです。